HOME > 子供の病気について > はしか(麻疹)

はしか(麻疹)

どんな病気

予防接種をしていない1歳前後の赤ちゃんが多くかかります。うつって10-11日くらいしてからカゼ症状で発病します。最初の2-3日は、はしかの特有な症状はなく、はしかの診断はできません。
いったん熱が下がり、ふたたび高熱がでるときに首のあたりから発疹があらわれます。さらに熱は4-5日つづき、発疹も全身に広がってゆきます。熱は最初からすると7日ほどつづきます。発疹は赤から紫色(色素沈着)に変化してゆきます。咳もひどく、気管支炎や肺炎、中耳炎を合併したり、脱水症になりやすいとても重症な病気です。

治療は

はしかを早く良くするくすりは今のところありません。気管支炎、肺炎、中耳炎、脱水症などの合併症がおこってくれば、それに対して治療が必要になります。

家で気をつけること

熱が高くてぐったりしているときは熱さましを使ってもかまいません。「はしかは冷やすな」というのは迷信です。食欲が落ちますので十分に水分を与えてください。熱が下がって元気になればお風呂は入っても良いでしょう。

次の診察は

私は、診断がつけば、患者さんには毎日来ていただいています。それだけ重症な病気です。いろいろな合併症を起こしやすいことや場合によっては脳炎を起こすこともあるからです。うとうとしてぐったりしている場合、ケイレンを起こした場合などはすぐに診察を受ける必要があります。

他の子にうつしたかもしれない

接触してすぐにはしかの予防接種をすれば発症を防いだり症状を軽減させることが可能な場合があります。詳しくは主治医に相談してください。
子供の病気について
ヘルパンギーナ
手足口病
アデノウイルス感染症(プール熱)
無菌性髄膜炎
溶連菌感染症
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)
とびひ
水いぼ(伝染性軟属腫)
はしか(麻疹)
水ぼうそう
インフルエンザ
突発性発疹症
風疹
中耳炎
アトピー性皮膚炎
喘息かもしれないといわれた方へ
ひきつけ(熱性ケイレン)
うつる病気と休校・休園期間
自閉症について
血液検査(白血球数とCRP)
熱中症
市販のくすりと病院のくすりの違い
くすりの飲ませ方
座薬のいろいろ
座薬の使い方
抗生物質が効く病気と効かない病気
体温計の選び方
発熱とその対処
赤ちゃんのウンチの色
赤ちゃんの便秘
よく吐く
赤ちゃんのめやに
鼻づまり
赤ちゃんのいびき
臍ヘルニア(でべそ)
鼠径(そけい)ヘルニア
陰嚢水腫、停留睾丸
包茎
亀頭包皮炎
亀頭部恥垢[ちこう]( おちんちんのカス)
おしりの穴のまわりのできもの
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.