HOME > 子供の病気について > インフルエンザ

インフルエンザ

医学の進歩

2000年ごろまでは、インフルエンザに対して有効なくすりは予防接種以外にはなく、もし、予防接種もせずにインフルエンザにかかった場合は4-7日ほどの熱が続いたり、肺炎や気管支炎、中耳炎などの合併症も多く見られていました。しかしその後、インフルエンザに効果的な抗インフルエンザウイルス薬やその場で、インフルエンザと分かるような迅速キット(検査)が出現し、インフルエンザ診断および治療に対する目覚しい進歩がみられました。

インフルエンザの症状

流行期に急な発熱やのどの痛み、関節痛などがあればほぼ、間違いありませんが、咳や鼻水に引き続き、微熱がみられるような普通のかぜと変わらないような症状のインフルエンザも検査の発達で見つかるようになりました。しかし発熱から12時間以内では、検査をしても陽性にでないことがあります。

どうしたらよいか

インフルエンザの流行期にかぜかなと思ったらすぐに病院へ行くことをおすすめします。発症して48時間以内に診断され治療すれば軽症ですむことが多いからです。普通のかぜだと思って、お布団の中で我慢していると、インフルエンザの治療が間に合わずに、結局は、4-7日ほど熱がつづいたりします。

主な経過

インフルエンザのくすりを48時間以内に使用すれば、おおむね2日以内に熱が下がってきます。まれに、効果がない場合もあり4-5日ほど続く場合もあります。この場合は、中耳炎や、肺炎などの合併症がないか、2日に一度は再診されることをおすすめします。

いつまでやすむか

熱が48時間なく、食欲も元気も出ればよいでしょう。お風呂は、熱が下がって、元気になればかまいません。

イングルエンザの薬は、現在、タミフル細粒、タミフルカプセル、リレンザ吸入、イナビル吸入が外来で使われています。

内服より、吸入の方が簡単で、イナビルは薬局で吸入したら終わりです。多少内服より値段が高くなりますが、効果はタミフルと変わりません。ただ、10歳代はタミフルの使用は控えることになっており、吸入薬のみとなります。

1歳未満のタミフル治療について:現在、1歳未満でも使用が可能であると言うデータ揃ってきており、近々、公に使用可能となる可能性が有ります。しかし、今のところ、製薬会社の薬剤保証や国の保証などが確立していないため、希望者にのみという立場にあります。
子供の病気について
ヘルパンギーナ
手足口病
アデノウイルス感染症(プール熱)
無菌性髄膜炎
溶連菌感染症
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)
とびひ
水いぼ(伝染性軟属腫)
はしか(麻疹)
水ぼうそう
インフルエンザ
突発性発疹症
風疹
中耳炎
アトピー性皮膚炎
喘息かもしれないといわれた方へ
ひきつけ(熱性ケイレン)
うつる病気と休校・休園期間
自閉症について
血液検査(白血球数とCRP)
熱中症
市販のくすりと病院のくすりの違い
くすりの飲ませ方
座薬のいろいろ
座薬の使い方
抗生物質が効く病気と効かない病気
体温計の選び方
発熱とその対処
赤ちゃんのウンチの色
赤ちゃんの便秘
よく吐く
赤ちゃんのめやに
鼻づまり
赤ちゃんのいびき
臍ヘルニア(でべそ)
鼠径(そけい)ヘルニア
陰嚢水腫、停留睾丸
包茎
亀頭包皮炎
亀頭部恥垢[ちこう]( おちんちんのカス)
おしりの穴のまわりのできもの
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.