HOME > 子供の病気について > ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

どんな病気?

ウイルスによる病気で、夏にはやる病気の代表格で乳幼児に流行し、急に38-39度の発熱が2-3日つづきます。のどちんこのわきに口内炎ができるのが特徴で、のどを痛がり、よだれもふえます。食べたいけれど痛くて食べれなかったりジュースなどのしみるものを飲むといやがります。

 

治療は

抗生剤は効果がありません。解熱剤が熱や痛みを一時的におさえますが、原因の治療ではありません。

家できをつけること

のど越しの良いものを与えます。オレンジジュースやりんごジュースなどは、のどが痛くて飲みたがらないでしょう。スポーツドリンク、牛乳やお茶、みそ汁、スープ、プリン、アイスクリーム、おじやなどが良いでしょう。食事をしなくても水分だけはしっかり与えて、脱水を起こさないように注意しましょう。

こんなときはすぐ受診

ケイレンを起こしたとき、水分もとれなくてぐったりしているとき。

いつまで休み?

熱も下がり、のどの痛みもとれ、十分に食欲が出ればよいでしょう。ヘルパンギーナは手足口病と兄弟のような病気です。最初ヘルパンギーナと言われても後から手足口病だったということはよくあります。どちらの病気も、見かけ上治っっても、その後も2週間ほどはうつすします。ですので、うつさないので行ってもいいですよという病気ではなく、うつすけど、元気なら行ってもいいよ。ということになります。集団での感染の広がりを、登園の制限によって収めることはできません。厚生労働省の保育園の登園許可について、という記載にもはっきりと、「熱もなく、本人が集団生活に支障がなければ行っても良い、登園制限は、広がりを抑えられない。」となっています。

注)この病気を起こすウイルスは何種類もありますので、何度もかかる場合があります。



ヘルパンギーナ


ヘルパンギーナの画像(2)
子供の病気について
ヘルパンギーナ
手足口病
アデノウイルス感染症(プール熱)
無菌性髄膜炎
溶連菌感染症
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)
とびひ
水いぼ(伝染性軟属腫)
はしか(麻疹)
水ぼうそう
インフルエンザ
突発性発疹症
風疹
中耳炎
アトピー性皮膚炎
喘息かもしれないといわれた方へ
ひきつけ(熱性ケイレン)
うつる病気と休校・休園期間
自閉症について
血液検査(白血球数とCRP)
熱中症
市販のくすりと病院のくすりの違い
くすりの飲ませ方
座薬のいろいろ
座薬の使い方
抗生物質が効く病気と効かない病気
体温計の選び方
発熱とその対処
赤ちゃんのウンチの色
赤ちゃんの便秘
よく吐く
赤ちゃんのめやに
鼻づまり
赤ちゃんのいびき
臍ヘルニア(でべそ)
鼠径(そけい)ヘルニア
陰嚢水腫、停留睾丸
包茎
亀頭包皮炎
亀頭部恥垢[ちこう]( おちんちんのカス)
おしりの穴のまわりのできもの
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.