HOME > 子供の病気について > ひきつけ(熱性ケイレン)

ひきつけ(熱性ケイレン)

子どもの脳はまだ発達が不完全であるため、急に熱が上がったりすると、それに脳が反応できずに、脳がパニックを起こしてしまいケイレンが起ります。ケイレンを起こすと、意識がなくなり、目が上や横のほうをむいたり固定して、手足がかたくなるか、リズミカルにうごかしたりします。呼吸が浅くなるため、顔色も悪くなります。熱が高いときに、ビクッとなるようなびくつきはケイレンではありません。

1)6ヶ月―5歳くらいまでにみられます。

2)熱の上がり際におこります。今まで遊んでいたのにケイレンを起こして、後で熱に気づくこともあります。

3)ケイレンは数分で止まります。

4)熱性ケイレンで頭がおかしくなることはありません。

5)熱性ケイレンは、熱によって起りますので、熱の原因となっている病気を病院で診てもらう必要があります。

6)お父さん、お母さんが小さいころ、熱性ケイレンを起こしていた場合によくみられます。(遺伝が多いということです)
ひきつけたときどうしたらよいでしょう?
初めての人は救急車を呼ばれてもかまいません。それまで次のようなことに気をつけてください

1)あわてないで、あわてないで、時間をみていつからはじまったか確認してください。ケイレンが続いた時間は診断に必要ですのでしっかり時計をみてください。

2)口にはなにも入れないでください。舌をかむことはありません。割り箸などを口に入れたりすると、けがをさせることにもつながります。

3)吐いたものをのどにつめないように、寝かせた状態で顔をよこに向けてください。
子供の病気について
ヘルパンギーナ
手足口病
アデノウイルス感染症(プール熱)
無菌性髄膜炎
溶連菌感染症
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)
とびひ
水いぼ(伝染性軟属腫)
はしか(麻疹)
水ぼうそう
インフルエンザ
突発性発疹症
風疹
中耳炎
アトピー性皮膚炎
喘息かもしれないといわれた方へ
ひきつけ(熱性ケイレン)
うつる病気と休校・休園期間
自閉症について
血液検査(白血球数とCRP)
熱中症
市販のくすりと病院のくすりの違い
くすりの飲ませ方
座薬のいろいろ
座薬の使い方
抗生物質が効く病気と効かない病気
体温計の選び方
発熱とその対処
赤ちゃんのウンチの色
赤ちゃんの便秘
よく吐く
赤ちゃんのめやに
鼻づまり
赤ちゃんのいびき
臍ヘルニア(でべそ)
鼠径(そけい)ヘルニア
陰嚢水腫、停留睾丸
包茎
亀頭包皮炎
亀頭部恥垢[ちこう]( おちんちんのカス)
おしりの穴のまわりのできもの
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.