HOME > 子供の病気について > 溶連菌感染症

溶連菌感染症

どんな病気?

溶連菌というばい菌によってうつる病気です。感染して3-5日でのどが痛くなり熱が出たりします。ときにおなかや手足に赤い小さなかゆみのあるぶつぶつが出ることもあります。2-3日して舌がイチゴのように赤くぶつぶつになります。

 

治療は

のどの検査で溶連菌がいることが分かったら、10日間抗生剤をのまなくてはなりません。くすりをのめば2-3日以内に症状ははなくなります。しかし途中でやめたり、抗生剤をのまなかったりすると、リュウマチ熱を起こすことがありますので、指示されたとおり最後までしっかりくすりをのみましょう。

家で気をつけること

兄弟や、両親にも同じような症状があれば、受診してのどの検査を受けてください。最初はのどが痛いのでのどごしの良いものを与えましょう。熱がなければ入浴はかまいません。稀に1ヶ月以内に、急性糸球体腎炎を起こすことがあります。症状は、まぶたの腫れとコーラ色の血尿です。もし、異変に気付いたらすぐ病院を受診してください。

次の診察は

主治医の指示通りにしてください。熱が3日目に入ったり、ぐったりしているときは早めに受診してください。また、腎炎が起っていないかどうか、念のために、かかってから1ヶ月前後で尿検査を受けておきましょう。

いつまで休み

抗生剤をのんで24時間たてば感染させないといわれていますが、主治医の指示通りにしてください。


注)この病気は免疫をつくりにくく、何度も感染することがあります。いつも、手洗い、うがいを心がけて、予防に努めてください。
子供の病気について
ヘルパンギーナ
手足口病
アデノウイルス感染症(プール熱)
無菌性髄膜炎
溶連菌感染症
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)
とびひ
水いぼ(伝染性軟属腫)
はしか(麻疹)
水ぼうそう
インフルエンザ
突発性発疹症
風疹
中耳炎
アトピー性皮膚炎
喘息かもしれないといわれた方へ
ひきつけ(熱性ケイレン)
うつる病気と休校・休園期間
自閉症について
血液検査(白血球数とCRP)
熱中症
市販のくすりと病院のくすりの違い
くすりの飲ませ方
座薬のいろいろ
座薬の使い方
抗生物質が効く病気と効かない病気
体温計の選び方
発熱とその対処
赤ちゃんのウンチの色
赤ちゃんの便秘
よく吐く
赤ちゃんのめやに
鼻づまり
赤ちゃんのいびき
臍ヘルニア(でべそ)
鼠径(そけい)ヘルニア
陰嚢水腫、停留睾丸
包茎
亀頭包皮炎
亀頭部恥垢[ちこう]( おちんちんのカス)
おしりの穴のまわりのできもの
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.