HOME > 院長コラム > アレルギー検査では見つからないミルクアレルギー

アレルギー検査では見つからないミルクアレルギー

一般に、何か食べると、アレルギー反応により皮膚が赤くなったり、蕁麻疹が出たりするような皮膚症状が主なアレルギーの場合は、血液検査で異常が見つかることがほとんどです。しかし、中には、とくに乳幼児でミルクにアレルギーがある場合、吐く、下痢、血便などの消化管だけのアレルギー症状が見られる場合があります。この場合、血液検査をしてもミルクや牛乳アレルギーは異常とはなりません。症状としては、体重の増加不良、続く下痢、嘔吐、血便、発熱などの症状が見られます。もちろん、ミルクをやめることにより症状は改善され、与えると元に戻ります。乳児で、下痢、嘔吐、発熱がつづく、体重が伸びないなどの症状があれば、ミルクアレルギーを考える必要があります。

平成29年4月4日 院長
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.