HOME > 院長コラム > 院長コラム 令和2年5月号 「赤ちゃんは縦抱っこより、抱きしめられたい!」

院長コラム 令和2年5月号 「赤ちゃんは縦抱っこより、抱きしめられたい!」

最近の研究で、赤ちゃん(4ヶ月以上の乳児)を対象に軽く縦抱きにした時、しっかりと抱きしめた時とで、母親、父親、その他の人で赤ちゃんの心拍数がどう変化するか観察しました。その結果、縦抱きにした時より、体と体の接触面積を大きくしてハグする様に抱きしめた時の方が、心拍数が落ちる、すなわちリラックスしていることがわかりました。この効果は、両親によるものが他人に比べて大きかったということがわかりました。

また、赤ちゃんを抱きしめている時の両親の心拍数が減少すること、リラックスできることも証明されました。

乳児は、両親に抱きしめられれば抱きしめられるほど、安心し、意思の疎通ができない乳児にとってとても大きいことが想像されます。また、世話をする両親にとっても心理的不安を軽減させることにもつながります。また、この行為は、乳児の健全な心身の発達に影響するものと思われます。

ですから、お子さんのため、自分のためにもお子さんを抱きしめてあげてください。

 

令和2年5月9日

院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.