HOME > 院長コラム > 溶連菌感染症の治療

溶連菌感染症の治療

溶連菌感染症になった場合は、喉、発熱、発疹だけを良くするだけでなく、リウマチ熱も予防しなくてはなりません。
日本の感染症学会は、メイアクトやフロモックスなどのセフェム系5日間投与で除菌はできる事は確かめていますが、リウマチ熱を起こさないかどうかの証拠をまだ持っていません。(感染症学会のガイドラインには、セフェム系5日投与は賛否両論あるとかかれているのに、「推奨」というのはおかしい話だと私は思います)
基本的には世界基準でもあるペニシリン系の抗生剤の10日間が第一選択になります。ペニシリン系にアレルギーがある方は、セフェム系を使用する場合もありますが10日間(メイアクトやフロモックスではなくもっと軽いセフェム系の薬剤を)飲む事が推奨されています。今後も当医院では、セフェム系5日間でもリウマチ熱にも問題がないという見解が出るまでは、今までの治療のままで行きたいと思っております。
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.