HOME > 院長コラム > 働く世代の快眠10か条

働く世代の快眠10か条

1)十分かつ快適な睡眠で仕事のやる気と効率をアップさせる。

2)睡眠時間は人それぞれ。日中眠気がなく、気力充実で仕事をこなせれば問題ない。

3)毎朝決まった時間に起床。起床後しっかり日光を浴びることが快適な睡眠につながる。

4)昼休み、15分程度の昼寝が午後の仕事の効率を上げる。休日の昼寝は午後3時までに目覚めを。

5)就寝前はコーヒー、緑茶や喫煙、飲酒を控え、適度な運動を心掛ける。

6)読書や音楽、香りなどのリラックス法を身に付け、自然に眠くなってから入床を。

7)寝室は睡眠以外の目的に使わず、温度、湿度、静けさなどの環境整備を。

8)30分たっても寝付けない時は一度床を離れ、リラックスして眠気が来るのを待つ。眠りが浅い時は、床に入る時間を短くすると熟睡感が増しやすい。

9)それでも寝れない時は医師の診断を。現在の睡眠薬は安全性が高く、快適な睡眠ができる。

10)交代勤務者は、夜勤明けはサングラスで強い日光を避けると帰宅後の入眠が容易に。家族の協力を得て明るさ、音に配慮した寝室環境の確保を。(西日本新聞)

平成16年3月13日
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.