HOME > 院長コラム > 子宮頸がんワクチンを受けましょう!

子宮頸がんワクチンを受けましょう!

HPVワクチン(ガーダシルなど)は子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス感染を予防するワクチンです。

2013 年 4 月に定期接種化されて「小学 6 年生から高校1 年生相当の女子(標準的接種期間は中学1年)」に 3 回接種を行うこととされています。しかしながら,接種後に広範な疼痛や運動障害など多彩な症状が発現したことが報道されると,わずか2 か 月半後に「積極的な接種勧奨中止」という扱いになりました。制度上は定期接種に残されていますが最近の接種率は 1%以下とされています。

疫学調査から接種後にみられた症状は必ずしもワクチンに関係したものではなく,非接種者にもみられることが判明しました。一方,ワクチンの有効性は確固なものとなりつつあります。

このまま実質的な接種中止が続けば,接種対象年齢からはずれてしまう対象者が数多く出てしまいます。ワクチンの性質上,感染後に接種しても効果がないことが考えられますから,現在接種対象年齢の子どもたちが接種するために残された時間は長くありません。

日本小児科学会や日本医師会など,多くの専門医集団が積極的接種勧奨再開を要望しています。

私たち小児科医としても,早期の「積極的な接種勧奨」の再開を要望するものです。

私たちは,子どもたちが HPV に感染するのをそのまま見過ごすことはできません。定期接種として接種できる機会があることを知らせず,HPV感染とそれに 続く子宮頸がんのリスクに関する情報も知らせないまま放置することは問題と考えます。

ぜひ、中学一年生から高校一年生までの女子に子宮頸がんワクチンの接種のご検討をお願いいたします。定期接種になりますのでもちろん無料です。

 

令和3年4月6日 院長

院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.