HOME > 院長コラム > 食物アレルギーと離乳食

食物アレルギーと離乳食

離乳食を始めるにあたり、食物アレルギーがないかどうか、母乳でアレルギーが引き起こされないかを心配されるお母さんをよくみかけます。アレルギーガイドラインによると、少なくとも、アレルギーの発症を心配して離乳食を遅らせることは推奨されていません。通常通り5-6ヶ月が適当と考えられています。
離乳食の開始とは、滑らかにすりつぶした状態の食物を初めてあげた時期をいいます。発達の目安としては、首がしっかり座り、さあセルと座ることができ、食物に興味を示す時期です。スプーンなどを口に入れても下で押し出すことが少なくなる時期が適当です。
また、妊娠中や授乳中の、赤ちゃんの発病予防のための食事除去は推奨されていません。母乳にしろ人工栄養にしろどちらがアレルギーになりやすい、なりにくいとかという証拠はないようです。
最初に与えたもので口の周りに発疹や湿疹が出ることがありますが食事アレルギーであることは少ないため何度か確認して不要な除去は避けるようにします。
離乳食を進める上で、食物アレルギーの頻度が少ないもの:米、野菜、肉類、魚、卵は固ゆで卵黄などから始めます。
アトピーがひどい、食べると毎回口の周りが赤くなる、蕁麻疹が出たなどといったような症状があれば、病院でそれが原因になっているかどうか検査を受けましょう。

平成29年1月30日 院長
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.