HOME > 院長コラム > 子どものわがままやめさせる魔法のフレーズ

子どものわがままやめさせる魔法のフレーズ

子どもはわがままなのが普通ですが、言いなりになっていると子どものためによくありません。また、「ダメ」という言葉は、あまり適切ではありません。
子どものわがままをやめさせる方法として、“魔法のフレーズ”を使って、子どもが執着している興味や関心の対象をうまく逸らし、別のことを考えさせるという方法があります。
では、まず、低年齢に対するその魔法のフレーズとはなにか。それは「どうして?」というフレーズです。例えば子どもがあるおもちゃが欲しいと言ってきたときには「どうして欲しいの?」と子どもに問い返します。すると子どもは「**ちゃんも持っているし」などと理由を返してくるので、その時に「じゃ、そのおもちゃにはどんな種類の物があるのかな?」などと問い返すのだそうです。すると子どもはどんな種類があるのかを考えることに夢中になり、状況が落ち着いてくることがあるようです。
例えばおもちゃならば今日はダメでも誕生日には買う約束をするというように、先の見通しを立てることで子どもの心は落ち着くといいます。
「どうして?」が低年齢の子ども向けの魔法の言葉だとすると、もう少し年齢の高い子どもに対しては「どうしてだと思う?」という言葉が有効のようです。例えば子どもがお菓子を欲しがったときに、「どうして今、お菓子を食べてはいけないと言っていると思う?」と質問します。すると子どもは「お菓子を食べると虫歯になるから」などと答えるので、そのときに「よく知っているわね。偉いね」などと褒めてあげて、子どもが自分でその理由に気付いたようにもっていってあげると、今後同じことでわがままやおねだりをしにくくなるといいます。
病気や予防接種のときにも「どうして注射をしたり、お薬を飲んだりしなければいけないと思う?」と、子どもに質問して「病気を治すため」などと答えたら、そこで答えに気付いたことを褒めながら、病気に対しての医療行為の必要性を納得させる事が大切だと思われます。

『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(平川 裕貴/ギャラクシーブックス)を参照としています。

平成26年8月29日 院長
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.