HOME > 院長コラム > 薄着で子どもの体が強くなる?

薄着で子どもの体が強くなる?

皆様、いかがお過ごしでしょうか?私は、元気にしております。マイブームは、ボサノバとクラシックです。クラシックは現在、バイオリン協奏曲とくにブラームスのバイオリン協奏曲にはまっています。テレビの「小早川伸木の恋」では、ブラームスのバイオリンとチェロの協奏曲が取り上げられていましたが、そちらの方はあまり好みではなく、バイオリン単独の協奏曲の方が好きです。
さて、今月の話題ですが、本当に「薄着で強い子どもに育つのか?」という疑問がありましたので調べてみたところ、そうとは言えないということが分かりました。

薄着でカゼをひきにくい子どもが育つのか?

温度の感じ方には個体差がある

寒い季節になっても、薄着の人もいれば、たくさん着込んでいる人も見かけます。このように、我々が身につける衣服の量の多い少ないは、生活習慣や生活環境に左右されますが、同じ国に育ち、同じような環境で生活する人の中でも、薄着の人もいれば、厚着の人もいます。その最大の理由は、温度の感じ方が人によって全く違うということです。この差は何であるのかという研究があります。実際に体温を詳しく測ってゆくと、寒がりの人は体表面の温度が下がりやすく、逆に暑がりの人は体表面の温度が上がりやすいことが分かりました。ですから、我々の体感温度というのは体表面の温度が上がりやすいか下がりやすいかによるということになります。

薄着で体が強くなるのでしょうか?

昔から、体を鍛える手段として意図的に薄着や裸で乾布摩擦をしている人もいます。そしてそれらの手段は、自律神経を鍛えることにつながり、寒さに耐える能力を高めるといわれています。確かに、体を寒さにさらす訓練をしていると、自律神経の反応が変化してくるとの研究結果はみられています。
しかし、だからといって一般の子どもに関する限りはこれらのことが明らかに有益であるという評価はくだされていません。「薄着をすればカゼをひきにくくなる」と良くいわれていますが、実際のところそれを裏付ける医学的な研究報告は見当たらないのが現状です。
現在、一部の人は子どもが薄着をすることの利点を説いていますが、それらは医学的、心理学的、生物学的な根拠に基づくものではなく、主観的な、もしくは希望的な意見にすぎないことを知っておくことが大切だと思われます。

参考文献 「続、子育ての医学」馬場一雄 著


平成18年4月1日
きのした小児科 木下昇平
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.