HOME > 院長コラム > 小児救急医療、子どものよだれ

小児救急医療、子どものよだれ

小児救急医療は小児科専門医が24時間態勢で対応することが目標ですが、小郡市では小児専門医が少なく、そのめどが立ちません。そこで、筑後地区では聖マリア病院の小児科外来とは別の部屋で、久留米大学の勤務医、および久留米市ならびに近辺の地区(小郡も含む)の開業医の小児専門医が平日の夜(深夜帯をのぞく)を4月から交代で診ようではないかということになりました。小郡三井地区では現在、日曜日だけ休日診療センターが開きますが、小児科専門医とは限りません。そこで毎週日曜日という訳には行きませが、月に何度か小郡三井地区の有志の小児専門医が当番医として交代で診てゆく予定です。詳しくは、広報や新聞などに出ると思いますので今しばらくお待ちください。
さて、今月の話題は「子どものよだれ」です。「この子はよだれが多くて病気じゃないでしょうか?」と来院される方がおられます。結論から言いますと、急に増えたよだれでなければ、ほとんどが問題ありません。5歳頃までに自然と気にならなくなります。
よだれというのは、唾液が口から溢れ出した状態ですが、唾液は、大人では1-1.5リットルも口の中に分泌されるようです。それでもほとんど飲み込んでしまうので寝る時以外はなかなかよだれは出ませんよね。子どもでは、5ヶ月頃から次第に増えて1歳くらいで100-150mlくらいになります。3歳頃になると唾液の量はかなり増えてきます。よだれの量は唾液の分泌量にも関係しますが、唾液を飲み込むという動作がとても影響しているようです。いずれにせよ、子どものよだれというのはほとんどが生理的なもので、心配の必要はありません。
しかし、ある突然、よだれの量が増えたというような場合は口内炎や扁桃腺炎で飲み込むのが辛くなった時や虫歯も原因になるようです。また、鼻が詰まって口呼吸になったときも考えられます。もし、「ある日突然」という場合は医師に相談してください。

平成18年1月5日
院長コラム
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.